ナース

命に係わる分娩|ママに優しい出産法で生命を祝おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

早めの検査と対策が必要

女医

大阪で不妊治療を開始する人は、不妊治療専門のクリニックを選び早めに専門の治療を開始するべきです。また、医師からもらう基礎体温表を活用し、妊娠しやすい時期をしるだけではなく、自分の体調変化にも気をつけて妊活をしましょう。

もっと見る

元気に出産するための心得

婦人

妊婦さんや赤ちゃんに必要となる栄養はたくさんあります。たんぱく質や鉄分やカルシウムなどは積極的に取り入れましょう。カロリーの高い食品は避けるようにしましょう。また栄養が損なわれてしまう飲酒や喫煙はやめましょう。

もっと見る

もうすぐ赤ちゃんに会える

おなか

妊娠してから10ヶ月である36週から39週6日を臨月と言います。母体は足の付け根の痛みや、お腹が下がることで頻尿、食欲増加などがあります。胎児は大きくなってくるので少し胎動が減ります。健診は週1回、内診もあります。出産への準備として歩くなどの運動を勧められます

もっと見る

出産を乗り越えよう

看護師

安心できる環境を

妊娠・出産は女性の身体に大きな変化をもたらします。妊娠期間は約10か月で、昔から十月十日と言われてきました。10か月間の間に体内には約3000グラムの赤ちゃんが育って行きます。身体の中だけでなく、環境も大きく変化をするので、出来る限り安心できる環境で出産に臨み、産後を健やかに迎えたいものです。分娩を行う時、女性は分娩できる産婦人科を探す必要があります。例えば里帰り出産の場合、今の住まいで働きながら妊婦健診に行き、分娩を里帰りするという方法を選ぶことになります。里帰り出産を選択する人は多く、横浜市内にも里帰り出産を受け入れている産婦人科は多数あります。この場合、今受けている病院での検診結果を、横浜市内の病院へと的確に伝える必要があります。

無痛という選択肢を

分娩方法には多数ありますが、近年横浜市でも人気がある分娩方法は「無痛分娩」です。無痛、とは子宮口が最大に開き一番の痛みを迎えるタイミングで麻酔を行い、痛みを伴わない出産を行う方法です。この方法は主にヨーロッパなどで広まり、日本でも遅れる形で広まっています。高齢出産が当たり前の時代になり、産前産後の母体管理がより丁寧に行われる必要がある中で、産後の回復が早い無痛分娩は理想的です。横浜市でも取り扱う病院は多く、お探しの場合は無痛分娩を明示している病院を探してみるようにしましょう。自然分娩と選択できる病院も多いので、臨月期までに決めればよい病院が一般的です。産後の回復が早いと、授乳や夜泣きへの対応にも余裕が持てます。