もうすぐ赤ちゃんに会える|命に係わる分娩|ママに優しい出産法で生命を祝おう
女医

命に係わる分娩|ママに優しい出産法で生命を祝おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ赤ちゃんに会える

おなか

体の変化

臨月は妊娠10カ月目の36週から39周6日のことを指します。正産期は37週からなのでいよいよ赤ちゃんに会える時期が近付いたということです。臨月になると赤ちゃんも大きくなってきているので胎動はやや少なくなってきます。お腹も下がってくるので足の付け根が痛くなったり、トイレが近くなったりします。胃は少しスペースができるので食欲は出てきます。ただ、臨月で太ってしまうと参道が狭くなり、出産時のリスクが高まるため太りすぎないように注意します。おりものや、おしるしがでることもあります。外出時には急な破水に備えて大きめの生理用品か産褥パッドを持ち歩くようにします。少量で破水かおりものか、わからない場合は遠慮なく産院に相談することが重要です。

不安と準備

臨月になると健診が週に1回になり、子宮口を調べるために内診をします。子宮口の開き具合で、出産が近付いているかどうかわかります。不安や心配事などは健診時に先生や助産師さんに話しておきます。不安は経産婦さんに聞くのもいいですが、お産は人それぞれなので、出産時の心構えとして聞きます。それまで安静にと言われていた場合でも、臨月になると運動を勧められます。ウォーキングや階段の上り下り、スクワットなどが人気です。臨月になるとお腹が出ていて足元が見にくかったり、滑りやすいところでバランスがとりにくかったりすることがあるので注意が必要です。出産はどんな方法でも、健康な体で産み、健康に生まれることが一番大事なことです。赤ちゃんがお腹にいるのも残り少ない期間です。不安よりは楽しく過ごすことが重要です。